西表島アドベンチャーツアー海歩人

アクセスカウンタ

zoom RSS ガイド研修「沖永良部島ケイビング」2015/11/30〜12/5

<<   作成日時 : 2015/12/06 12:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世にも奇妙な世界での かまいたちの夜が更け、まるでクリームパンのように甘い夜を乗り越えた今回の研修と視察

どーもこんにちは海歩人の中川です。

ようやく様々な事情を乗り越えて念願の「沖永良部島でのケイビング研修」を行ってきました。

いきなりですが..........コレです!!
画像

**銀水洞**

ズルいポイントです!!これを見せられて感動しない人間はいるはずがない〜〜!!
**
ガイドは淡々と撮影準備を進めながらもゲストの動きには目を配り必要なタイミングで必要なアドバイスが来るんですね〜さすがでした
アングルとライティングに費やした労力の凄さを感じました

ガイドツアーの成功は調査と準備9割 本番1割なのでありますね



画像

**リムストーンケイブ**

しかも〜今回は私が所属する「日本ケイビング協会」の会長でもあり日本屈指の洞窟探検家でもある吉田勝次 氏まで来島し(違う要件/トップシークレット?/での来島だったらしいのですが)ほぼ全行程を共にできました


どうやら僕たちが洞窟にいる間に地上では大雨が降っていたらしく午後に入った水連洞では行動を共にしていた探検家の吉田さんでさえ「何度もエラブに来てるけどこんな増水は初めてだね〜〜」なぜか笑顔です/笑
「透明感は期待できないけど、ここは遊べる洞窟だから行きましょう!」とガイド  ここも笑顔でした/笑

言葉で表現することは難しいのですが、どんなアクティビティーツアーでもそうですがガイド同行ツアーの核心を垣間みました
*地道な調査や豊富な経験、トレーニング、フィールドに関する情報収集があるからこその説得力


洞窟が人生で初体験でその他アクティビテーツアーでさえ初めてのゲストが、この状況(洞窟特有の雰囲気と激しい水の音など)ガイド発する言葉や表情は運命を分けるほど重要なんですよね〜
パニックは死を招くハゲタカなのです


「日本で唯一シャワーケイビング」が出来る夢の島 沖永良部島
画像

**水連洞**

ネタバレになると申し訳ないのでフォトジェニックな見せ場に関しては説明しません(皆さ〜ん!絶対に行った方が良いです〜!!)

午前中に入ったリムストーンケイブも同じなのですが

と に か く . . . .  

いちいち

イチイチ

いちいち

5メートル歩くごとに いちいち感動させられるワケです!

この島の洞窟が人生初体験のケイビングになる人が可哀想に感じるほど  八重山の海でダイビング初体験の人が次にどこの海にも感動しなくなる感じでしょうか

最後の見せ場「エイリアンの卵」 これマジでスゴイです!!

その奥からの水潜りは増水のためエントリー出来す(次回の宿題にします)



「ギリギリなんとか行ける可能性もあるかも」

「行きたい行きたい」

「リスクをあえて背負う必要はないよ」

などなど...

その場にいたメンバーで交わされた言葉のやりとりがありましたが、吉田さんや引率ガイドの適切な判断は素晴らしいかった 今回行動を共にした海歩人のスタッフにとって何より重要になったであろう時間でした



「笑顔で始まり笑顔で終わる事こそが一番大事」

安全へ最大限の努力をしながらも「スリル」と「興奮」「感動」を与え「疲れた」よりも「キツかった」よりも「怖かった」で終わらず何よりも「楽しかった」でツアーを終わる事が大切なのです

このさじ加減がガイドの腕なのでしょうね

究極のエンターテイメントガイドツアーを感じた瞬間


なのでスタッフのマナブンはゴジラに食われ死にました/笑

画像

**大蛇洞**

実はこの沖永良部島「桃太郎伝説」が残る島のです〜 是非とも映画にしてほしい内容でした〜

引率ガイドのトークにも

いちいち

イチイチ

感動です〜〜〜

今回は沖永良部島ケイビングガイド連盟に在籍し通常のコマーシャルツアーに出かけるガイドさんほぼ全てのに様々な洞窟がガイディングしていただきましたが

ガイドさんにより見せ方や楽しませ方が異なり独自のキャラクターが醸し出す雰囲気がツアーをより思い出深いものにしてくれています

在籍ガイドさんがたくさんいるツアーが羨ましいところですね〜〜



余談なのですが、研修1日目が終わり夜中に食べた「濡れたクリームパン」が原因なのか、夜中3時から猛烈な吐き下しに苦しんでました

睡眠もとれず水食事一切食べれず僅かな水分だけで意識朦朧の2日目 特に午後からは絶望的で2015年で最大の体調不良


画像


でも〜でも〜 洞窟の魅力はそんな体調不良くらいでやめたりしませ〜〜ん

なんせ今回はゲストです/笑

途中で倒れたらガイドになんとかしてもらおうかな〜〜〜〜〜なんて

あとで写真を見直して気がついたのですが 銀水洞の難所「水潜り」とメインの「リムストーンプール」以外の記憶がほとんでありません

もっとも距離と時間の長いコースなのですが15分くらいで到着した記憶でした


画像


メインイベントまでは体力を温存するために体をセーブモードに切り替え淡々と行動していたのでしょうね、盛り上げることが出来ず引率していただいたガイドさんには大変申し訳なくおもっております

私も同じ職業なので、わかるのですが、どんなに良い場所へどんなに良いポイントへ連れて行ってもゲストのリアクションが薄いとガイドもテンションが下がってしまうのです......本当にごめんなさい

画像

**リムストーンプール**圧倒的水の透明感に心奪われます


今回その全てにおいて協力していただいたのが、沖永良部ケイビングガイド連盟の皆様
http://caver.jp/
洞窟に関する知識もさることながら各フィールドにおけるガイディング、ルート構築、そして何より参加するゲストの思い出でを最大限に高めるための写真撮影にかんするライティングの素晴らしさ

在籍するプロガイド全てが「洞窟愛」に溢れておりました


私を始め今回研修に初めて参加させた海歩人のスタッフにとっても得るものが沢山あった研修&視察となりました、まだまだ私たちもまだなだ精進が必要です




改めまして
今回お世話になりましたケイビングガイド連盟及び沖永良部島を皆様をご紹介します

賀来 裕二
さま  超あなろぐ的桃太郎線説の紙芝居を期待しています

柳澤 沙織さま 美味しすぎる夕食ありがとうございます 次回はティラミス食べたいです

平 健也さま .......................? 笑   ナイスガイディングでした

新納 佳恵さま 子育てにガイド業 スーパーかぁちゃんですね

新納佳輝さま 次回はゆっくりギア愛について語り合いたいですね

居酒屋「草」
 エラブ行ったら必ず行くべし!何食べてもハズレなし!!

FREE TRUNK  超おしゃれな内装の感動を上回る食事のクオリティー ここも外せないお店です

「大山野営場ログハウス」 .......................お湯でません ネズミいます  大人数で合宿気分で行くならおすすめ

「フーチャ」 時化の大潮の満潮に行くべし!!

「田皆岬」 夜行ったら多分死にます〜〜 明るい時間い是非〜

名前覚えてないけど「素敵ビーチ」  次回はキャンプしながらボルダリングします

スポーツ店「大福」 きっと来年にはエラブ初ボルダリングジム出来てます

「フローラルホテル大浴場 」 連盟事務所のすぐ下になるので 超便利

「コインランドリー」 かなり信用度が低いので 事前の情報収集が重要〜〜

「パン」 必ず賞味期限の確認をお忘れなく〜〜〜〜〜

旅行でなく旅を楽しむ島 沖永良部島 最高でした


来年は沖永良部島ケイビング&ビーチキャンプツアーを企画したいと思います 希望者はご連絡くださいませ〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガイド研修「沖永良部島ケイビング」2015/11/30〜12/5 西表島アドベンチャーツアー海歩人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる