シーズン前の準備作業 その1(使わない?重要装備メンテナンス)

使わず済む事が一番のファーストエイドキット 前年度は1回も使う事無くシーズンを終える事が出来ました

滅多に使う機会が無い装備だからこそきちんとしたメンテナンスが重要です

消費期限を確認して古いものは全て新しいものへ交換です
画像


防水ケースに入れ持ち歩いているのですが内部の結露やわずかな水の侵入があるとカビが生えるし衛生的に悪いので、小分けしたジップロックも全て交換します
画像


ケースも随分年期が入って来ましたが防水性のチェクとパッキンのグリスアップなどを行い 「直ぐに出したいもの」「処置に時間のかかる場合のもの」「あると安心出来るもの」など必要な順番を決め詰め直しです

画像

個人的意見なのですが、アウトフィッターが多く使用するペリカンケース(私も愛用していた時期がありました)ただ高温多湿の西表島でツアーガイドが日々持ち歩くには、パッキンや調整バルブなどは耐久性があまり無いような気がします

小分けに出来てキャニオニングやシャワークライミングなど激しい水遊びに持ち歩いても確実に水をブロックしてくれるにはナルゲンなどの口布が広い水筒が一番です


使わない装備に手間をかけるのは「無事故で安全なツアー」の為のおまじないのようなもです

今シーズンも「必要性を感じない」そんな安全なツアーになるよう頑張ります


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック